当院について 当院について

当院について

当院の特長

急性期医療後の治療を専門的に行う病院

弥刀中央病院は大阪府東部の伝統的地域で地域密着の医療を提供しています。急性期医療の治療は終了したものの、継続的な医療提供の必要度が高くご自宅での療養には不安が残る患者さんに安心して療養していただける入院環境を備え、医療・看護はもちろん、介護・リハビリテーションにも重点を置き、長期療養生活にも対応できるよう環境を整えております。認知症の患者さん、終末期(ターミナルケア)の患者さんも積極的にお受け入れしています。また、退院後も地域のみなさんの「在宅生活を支える」ために、連携体制を整えています。

2種類の病棟で患者さんを受け入れます

中長期的な治療とリハビリを提供する「医療療養病棟」、 療養病床でありながら緩和ケア病棟に準ずるような機能を持たせた「緩和ケア対応型療養病棟」。
当院ではこの2つの病棟をご用意しており、それぞれの病棟が協力しあって在宅支援機能を高めています。

さまざまな段階のリハビリテーション

「リハビリテーションが必要ない患者さんは存在しない」という考えに基づき、すべての病棟で積極的なリハビリテーションを行っています。それぞれの病棟の患者特性や制度に応じた、最適なリハビリテーションを常に考え実践しています。専門の療法士の連携により、さらに効果が高まっています。

チーム医療を実践し最良の医療と介護を提供

患者さんに関わる医師・看護師・薬剤師・臨床検査技師・管理栄養士・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・介護職員・MSW・事務らのすべてのスタッフでチーム医療を展開しています。専門多職種からEBMに基づいた意見を積極的に出し合うことにより、最良の医療や介護を提供いたします。患者さんとのかかわりは地域連携室(入院の窓口)にお問い合わせをいただいた時点から始まります。

チーム医療

入院中は各スタッフ間で症例検討会を繰り返し開催して、患者さんの症状の変化に沿って治療方針を決めていきます。
また、在宅復帰が近づけばご自宅に戻られても不自由なく、身体機能が衰えることがないように、段差解消といった家屋改修などのご相談や居宅サービスをご利用いただけるよう居宅介護支援事業所がサポートし続ける体制をとっています。

いつまでも美味しく食べてもらうために

PICC(Peripherally Inserted Central Catheter、末梢挿入中心静脈カテーテル)を用いた当院の取り組み

PICC(ピック)は上肢の静脈から心臓近くの上大静脈までカテーテルを留置することができるカテーテルで、肘や上腕からの留置にも関わらず、中心静脈カテーテル(CV カテ)として使用できる最近普及して来た医療技術です。
当院ではそのPICC を用いて脳出血や脳梗塞、加齢などで嚥下機能低下や摂食障害を患った患者様の治療に当たっています。従来は経鼻栄養チューブを留置した状態で経口摂取の訓練をしていましたが、経鼻栄養チューブが喉元を通っているため嚥下機能回復の妨げになっている事がありました。そのためPICC を用いて高カロリー輸液を行い、身体に十分栄養を与えた状態を維持しながら、喉元に異物の無い状態で言語聴覚士(ST)の指導の下、経口摂取訓練を行っています。
当院では2017 年に導入し既に150 人以上の患者様に使用させて頂きました。十分な栄養を経口摂取出来るようになり、高カロリー輸液から完全に離脱された患者様もおられますし、高カロリー輸液を継続しながら経口摂取を楽しんでおられる患者様もおられます。処置自体は透視室にて局所麻酔で15 分程度で済み、従来のCV カテのような気胸や血胸などの合併症の心配が有りません。

PICC を用いた経口摂取訓練についてのご相談は火曜日午前の吉田副院長外来にてお受けしています。お気軽に病院受付にお問い合わせ下さい。

ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

06-6721-2721
ページトップ ページトップのアイコン

トップへ戻る